JAようてい

JAようてい

文字の大きさ

  • JAようていのご紹介
  • JAのサービス
組合員専用ページ組合員専用ページ

JAようていのご紹介

概要

 平成9年3月、黒松内町(くろまつない)、蘭越町(らんこし)、ニセコ町、真狩村(まっかり)、留寿都村(るすつ)、喜茂別町(きもべつ)、京極町(きょうごく)、倶知安町(くっちゃん)の8JAが合併し、JAようていが誕生しました。

 JAようていは、北海道の主要都市である札幌市から車で約2時間の距離にあり、当地域は北海道南西部の後志支庁管内の南西部に位置しています。

ようてい管内マップ

 管内の中心部には、当JAのシンボルとなっているコニーデ型独立峰「羊蹄山」(別名:蝦夷富士 1,898m)があり、それを囲むように田園が広がり、それぞれの地域から秀峰・羊蹄山を望むことができます。


春の羊蹄山

 1000m級の山岳に囲まれた盆地が多く、清流・尻別川が日本海に流れ、流域は豊かな土壌に恵まれています。

 気候は、一般的に春から夏にかけては温暖で、晴天に恵まれる日が多いですが、冬は北西の季節風を受け、降雪量が多く根雪が11月中旬から4月中旬に及び、特に羊蹄山麓地帯は北海道でも屈指の豪雪地帯となっています。


尻別側の清流

 地域の農業は、稲作、畑作、野菜、酪農畜産など幅広く生産されており、気候・土壌・風土条件に適合した多様な経営形態となっています。


多種多様な農業

 JAようていのトップブランド、馬鈴薯は明治14年からの栽培。現在のように支持を得るまでには「京極高徳子爵」をはじめ、改良の苦汁を重ねた歴史があります。

 また、地主制度の時代に理想農業を掲げ、農地解放を先駆けた「作家・有島武郎」の農場伝説、日本アスパラガス発祥の地でありその高品質を今も誇るなど、先進性と「リラベルな創造性」に富んだJAようていのDNAは現在に引き継がれています。


長年の歴史を引継ぐ「馬鈴薯」

 合併以降、当JAは持続可能な農業や地域社会への貢献、組織・運営の健全性を維持し、平成26年3月には、全国農業協同組合中央会より「優良表彰農業協同組合」として選ばれており、今後も引き続き、組合員のためのJAとして事業を推進し、地域に根差したJAを目指して参ります。

優良表彰農業協同組合

秋の羊蹄山

 そして平成29年3月、JAようていは設立20周年を迎えることができました。

 この20年間の歴史を土台として、積極果敢に挑戦を続け、新たな時代へと更に飛躍を目指して参ります。


冬の羊蹄山

名称

 ようてい農業協同組合
(JAようてい)


JAようてい本所事務所

代表者


代表理事組合長 八田 米造

代表理事専務 大島 秀章

所在地(本所)

〒044-0011
北海道虻田郡倶知安町南1条東2丁目5番地2

代表電話番号:0136-21-2311
代表FAX番号:0136-21-2321

本所の所在地又は各支所の所在地等は、こちらから確認できます。

経営理念

 私達は、
『自然と共生、仲間と連帯、JAは地域社会に貢献します』
『やります、改革と挑戦!飛躍します”JAようてい”!』

の経営理念を踏まえ、組合員が豊かで将来に夢の持てる地域の特性を生かした農業振興と農業基盤確立を目指し、併せて地域住民や広く消費者の信頼を得て、組合員と共に新たな時代に積極果敢に挑戦する「選ばれるJAようてい」を創っていくことを期しております。

基本目標

  • わたしたちJAようていは、組合員の営農と生活の向上、農業経営を支援し、ようてい農業の活性化を図るとともに、組合員、地域住民および消費者の声に誠意を持って対応致します。
  • わたしたちJAようていは、経営感覚に優れた組合員の養成や女性の経営参画に向けた研修教育の充実や環境の整備を行います。
  • わたしたちJAようていは、地域住民および消費者と一体となったJA運動の展開を図って参ります。
  • わたしたちJAようていは、組合員サービスの原点に立ち返る使命感の再構築を目指します。
  • わたしたちJAようていは、地域住民および消費者に対し良質・安全な農畜産物を提供し、全農畜産物については生産履歴体制の構築を目指し、環境にやさしい農業の推進に取り組み、環境の保全に努めて参ります。

事業内容

信用事業、共済事業、販売事業、営農指導事業
事業(サービス)の紹介へ

組合員数

正組合員
(うち女性)
1,633人
400人
准組合員 3,062人
合計 4,695人

平成29年1月31日現在

主な事業量

出資金 2,994百万円
貯金 50,021百万円
貸出金 11,096百万円
購買品供給高 11,995百万円
販売品販売高 25,495百万円
長期共済保有高 175,177百万円

平成29年1月31日現在

組合員組織

組織名 構成員数
JAようてい青年部 255名
JAようてい女性部 267名
JAようてい水稲生産組合 297名
JAようてい食用馬鈴薯生産組合 546名
JAようてい種子馬鈴薯生産組合 86名
JAようていてん菜生産組合 261名
JAようてい小麦生産組合 261名
JAようてい大豆生産組合 288名
JAようてい玉葱生産組合 24名
JAようてい大根生産組合 102名
JAようてい人参生産組合 173名
JAようていゆり根生産組合 104名
JAようていアスパラ生産組合 231名
JAようていメロン生産組合 74名
JAようていごぼう生産組合 15名
JAようてい南瓜生産組合 142名
JAようていトマト生産組合 96名
JAようてい長いも生産組合 36名
JAようていスイートコーン生産組合 176名
JAようていブロッコリー生産組合 84名
ようてい酪農組合 56名
ようてい和牛生産改良組合 25名
ようてい乳牛検定組合 49名
ようてい酪農ヘルパー利用組合 36名
黒松内町酪農ヘルパー利用組合 19名

平成29年1月31日現在

役職員数

理事21名(うち常勤4名)、監事4名(うち常勤1名)
職員352名(うち嘱託128名)

平成29年1月31日現在

店舗数等

給油所:8箇所、Aコープ:7店舗、CD・ATM:10台

平成29年1月31日現在

ディスクロージャー(PDFファイル)

ディスクロージャー誌(2017)

※ページ毎をご覧になりたい方はこちらを参照してください

ミニディスクロージャー(平成28年度)

ページ先頭へ戻る