ゆめぴりかコンテスト2022 JAようてい蘭越地区のゆめぴりかが最高金賞を受賞!

 11月21日、ホテルモントレエーデルホフ札幌にて、「ゆめぴりかコンテスト2022」全道コンテストが開催されました。先の後志地区コンテスト(11月4日開催)で後志地区4JA6地区の代表となった「JAようてい 蘭越地区」のゆめぴりかが出品され、道内7地区の金賞を受賞した代表米の中から見事「最高金賞ゆめぴりか」として表彰されました!全道コンテストでの金賞受賞は、2019年に続き2度目となりました。

 このコンテストは、生産から販売まで一体となって「ゆめぴりか」の品質維持・ブランド化に取り組む道内各地区の生産組合や各地のJAが、技術を競い合いながら更なる結束を強め、おいしさを追求することを目指して開催されています。

 表彰式では、JAようてい水稲生産組合の大友健組合長に最高金賞のプレートが贈られ、「2度目の受賞を目指していたので嬉しいです。生産者の皆さんが6月上旬の分けつ時期に水管理をしっかり行い、タンパク値6.8%以下、94%の生産につながりました。」と受賞の喜びを語りました。

 「最高金賞ゆめぴりか」には地区名の入った同賞のシールが貼られ、数量限定で12月上旬からオンラインショップや店で販売されております。

 

「最高金賞ゆめぴりか」に選ばれたJAようてい 蘭越地区(中央:大友組合長)

 

 

2021後志地区「ゆめぴりか」コンテストが開催されました!

 11月10日、ホテル第一会館にて、「2021後志地区『ゆめぴりか』コンテスト」が開催され、後志地区4JA6地区が出品しました。各地区・各産地が技術を競いながら更なる結集を強め、「ゆめぴりか」の美味しさを追求するコンテストで、ゆめぴりかの安定生産や最高級ブランド育成に向け、2015年より開催されています。

 後志地区3年産米の食味評価における1位である最優秀地区としてJAようてい倶知安地区、地区金賞米としてJAようてい蘭越地区のゆめぴりかが選ばれました!

 同コンテストの全道大会は11月22日に開催され、JAようてい蘭越地区は後志地区の代表として参加しました!

 

最優秀地区に輝いたJAようてい倶知安地区の皆様

 

JAようてい蘭越地区 「最高金賞ゆめぴりか」販売開始!

 11月下旬に札幌市内で行われた「ゆめぴりかコンテスト2019」で、「最高金賞ゆめぴりか」として表彰された蘭越地区のゆめぴりかが、12月20日より管内のAコープ店舗にて数量限定で販売されました。

 同賞受賞にあたりAマート蘭越店では、最高金賞シールの貼付されたゆめぴりかが販売され、受賞時の写真・のぼり・垂れ幕による販売コーナーが設けられております。

 またAmazonを通じて全国販売されるほか、ミルクランド北海道(東京・自由が丘)、百貨店などで販売されます。

 

Aマート蘭越店の販売コーナー

 

 

最高金賞シールが貼付されたゆめぴりかを販売

ゆめぴりかコンテスト2019 JAようてい蘭越地区のゆめぴりかが最高金賞を受賞!

 11月27日、ホテルモントレエーデルホフ札幌にて、「ゆめぴりかコンテスト2019」が開催され、先の後志予選で後志地区4JA6地区の代表となった「JAようてい蘭越地区のゆめぴりか」が出品され、見事「最高金賞ゆめぴりか」として表彰され、全道コンテストでは初の金賞受賞となり、後志地区としても初の金賞受賞となりました。なお、今回の表彰は、2地区同時での金賞受賞であり、もう一つの地区は上川地区の「JAひがしかわのゆめぴりか」となっております。

 このコンテストは「北海道から、ニッポンの米を。」というスローガンのもと、生産から販売まで一体となって「ゆめぴりか」の品質維持・ブランド化に取り組む道内各地区の生産者組合や各地のJAが、各地区・各産地が技術を競い合いながら、更なる結束を強め、おいしさを追求することを目指して開催されています。

 今般の金賞受賞を受けて、大友健水稲生産組合長は「今年は高温などで農家も苦戦した年だったと思うが、関係各位の努力で最高金賞にたどり着け、とても嬉しい」と受賞の喜びを語ってくださいました。

 なお、見事初受賞した「JAようてい蘭越地区のゆめぴりか」「JAひがしかわのゆめぴりか」は、「最高金賞ゆめぴりか」として、最高金賞シールが貼り付けされ、12月10日頃より北海道内にて数量限定で一般販売される予定です。

 

2地区同時受賞したJAようてい蘭越地区とJAひがしかわ

12月10日より数量限定で販売予定